日本の電力量計品質を支える専業メーカー

Densoku techno

トップ > 会社案内 > 企業風土・歴史

企業風土・歴史

企業風土・歴史
企業理念
日本の電力計測品質をささえる
クオリティカンパニーを目指して。
私たちデンソクテクノは、先人たちからの技術継承のうえに、新たな技術開発を重ね、モノづくりのこだわりとプライドを持ち、これまでなかった製品を世の中に提供できる企業を目指しています。我々が手掛けた製品を通じて、人々の生活がより豊かになり、よりよい社会の発展に貢献することを使命とし、日々の業務に取り組んで参ります。
商品開発への思い
関係者全員の幸せを追求し、
社会の発展に貢献する。
社内外を問わず、仕事に関わった方々の情熱とやりがい、そして喜びを会社の価値資産として明日の技術の創造に活かし、電力計測のクオリティカンパニーとしての地位を確立するため、社員一同、邁進します。
社史・沿革
当社は、(旧)京濱電測器の技術資産を買い取り、その業務を継承する事を目的に2000年(平成12年)6月に設立致しました。
2000年(平成12年)年6月
(旧)京濱電測器株式会社の資産を継承し、大田区本羽田に設立
2000年(平成12年)年7月
営業業務を開始
2002年(平成14年)年5月
東京都港区芝浦四丁目14番13号に本社移転
2012年(平成24年)年5月
現住所(東京都大田区東糀谷6丁目4番17号 OTAテクノCORE301)に本社移転