日本の電力量計品質を支える専業メーカー

Densoku techno

トップ > 採用情報 > 新卒採用 > 新卒向けインタビュー > 加藤 隆一

特集先輩たちのインタビュー

デンソクテクノロゴ

デンソクテクノ株式会社
設計グループ加藤 隆一

就職先に当社を選んだ
理由はありますか?

日本全国に大きなシェアをもっている専業メーカーで、電力というインフラにかかわる仕事ですので、とても安定している会社だと思いました。
そしてこの技術は生涯の為になる、そう思って直感で入りました。
私は様々な経験を積みたいと思っていたので、
裁量をもらえやすい人数が少ない会社に入ろうと決めており、
そういった意味でも条件を満たしていました。
僕の入社時は田町に本社があったので立地も良かったのですが、
移転によって少し遠くなってしまいましたけど、OTAテクノコアという当社が入っている建物は、技術者にとってはとても働きやすい施設なので、
結果オーライです(笑)。

現在の担当業務を
詳しく教えてください。

メインの業務は機械設計を担当しています。
設計業務としては、お客様からの要求仕様から構想図と仕様書を作成し、
打ち合わせを行い、それをもとに詳細設計として部品図を制作していきます。また、特注品の設計の際には、部品代や工数の計算、見積もりの作成も行います。
設計は上流工程ですので、製造や品証、営業などと打ち合わせを行い、
タスクを作成、作業の優先順位を決め各部署に展開します。
その他の業務として、必要に応じて電気設計やソフトの作成、現地での装置据え付け作業やメンテナンスを行っています。

もともと電気回路や機械設計の
仕事に就く事を目指していたのですか?

そういうわけではありませんでした。幼稚園の頃の夢は電車の運転手、小学生の頃はゲームを作る仕事がしたいと思っていましたね。ゲームがとても好きなんで。
そして高校生になり、いざ将来の進路を真剣に考えてみて、ゲームは好きだけどゲームを作ることは好きになれるんだろうか?と思ってプログラミングを独学で勉強したんですけど、ちょっと違うかもって思ったんですよね。
じゃあ一体自分は何をやりたいんだろうかと考えた結果、
理系の仕事、ものづくりの仕事がしたいと思うようになり、大学は機械科へ進学し、就職活動時にデンソクテクノと出会いました。
最初はものづくりの仕事といえば、組立やメンテナンスのイメージだったんですが、インターンで組立、検査を経た後に、設計をやったんですけど自分の考えたものが現実になって目の前に現れたことに感動し、希望の配属先を聞かれた時に、設計をやらせてください!と即答したのを覚えています(笑)

仕事で面白い、やりがいを感じる点と、
大変な点を教えてください。

人数が少ない会社ですので、人ひとりの影響力がとても大きく、
設計は担当者の裁量に任せてもらえるので、比較的やりたいことをやらせてもらえます。
その結果の自分の担当した装置の効果や利益性もはっきりと見ることができるので、マクロな視点でPDCAを回すことができ、これは中小企業ならではの面白さだと感じています。
人ひとりの裁量が大きいというのは、逆に考えると、自分のミス一つが装置の不具合や、納期の遅延、利益の減少にも繋がるので責任があり大変です。
ですが、上手く行かなかった時のリカバリーも自分で行うので、結果的に自分自身の成長に繋がり、やりがいを感じることできます。

専業メーカーとして、
当社の強みはどこにあると思いますか?

当社は1973年に発足した京濱電測器株式会社の技術を継承し、2000年に新しく立ち上がった会社となります。
当時の社員は100人を超え、約50年もの間、日本の電力に関わり続けてきた圧倒的人脈と技術が今も当社に引き継がれています。
そしてその技術は計算では表せません。
教科書の計算式に、先駆者たちが経験とノウハウを加えたものです。
当時のお客様達が今でも当社を頼りにしてくださっているのが、
その技術が本物という証だと思っています。

技術者として、ご自身の
スキルを伸ばせる環境ですか?

はい。当社は測定機器を主力としている会社です。
測定器というのは全ての基準となるもので、正確さが求められます。
技術は勿論のこと、仕様書の読み方と作り方、どうすれば基準を証明できるかという考え方、お客様に理解していただく文章力など、幅広いスキルが自然と身につく環境です。
また、大手企業から測定機器を組み込んだFA装置の引き合いもあります。
専業メーカーとしてより専門的な電気のスキルを学ぶことができるだけでなく、オートメーション化が進む世の中で、大企業でも通用する機械やソフトのスキルを学ぶことができます。

ソフトウェアはどんなものを
使っているのですか?

電気設計ではAltium Designerを使用しています。
回路図入力/PCBレイアウト/CAM ツールなどの編集機能に加え、
アナログ・デジタル混在回路シミュレータや伝送線路シミュレータなどの検証機能を一体化した統合ツールです。
機械設計ではAUTODESK社製の3DCADであるAUTOCAD INVENTORを使用しています。INVENTORは3DCADの中ではミドルエンドのCADとなりますが、INVENTORの中での最上位モデルを使用しているため、時には構造解析を用いて設計することが可能です。
他にはSHOWCASEというAUTODESK社のソフトを使用することもあります。このソフトではデザイナー向けのソフトで3DCADのモデルをCGに変換し、レンダリングを行うことができます。お客様へのプレゼン資料や、カタログを作るときなど製品を格好よく見せたいときに使用します。

ご自身のこれからの仕事の目標を
教えてください。

個人的にはですが、IoTやデジタルトランスフォーメーションを取り入れたいと思っています。
2018年に経済産業省から提出された「2025年の崖」というレポートがあり、これは日本企業の多くはレガシーシステムを抱えており、今後5年以内に革新的なシステム刷新を行わなければ、デジタルビジネス時代の敗者になることが予測されているというものですが、2020年も終わりに差し掛かり、技術の急速な進歩を感じています。
こういった波に乗り遅れないように技術を今のうちから身に着けていきたいです。

技術的な勉強会や研修参加など、
会社でサポートしてくれる部分があれば教えてください。

自分が興味を持ったセミナーや、展示会等は積極的に参加することができます。業務に新しく取り入れたい技術やソフトなども前向きに検討してくれるので、向上心のある方には向いている環境だと思います。
社長も技術者ですので、現場の意見は重視してくださいます。
セミナーの参加費用は会社が負担してくれますし、資
格を取得すれば会社から報酬もでます。
ただ、待っているだけでは会社からの指示がない場合もあるので、
自分の意志表示や情報収集が大切ですね。
時には親会社とのディスカッションを開いてくれることもあり、
貴重な技術に関する意見交換などもできます。

仕事にたいする待遇面・福利厚生は
適正だと感じていますか?

年功序列の中に成果主義をうまく取り入れていますので、
安定しつつ、やりがいも見いだせる給料体系です。
それに毎年安定した賞与が出ています。
フラットな社風で社員数も20名程度ですので、自分が会社にどれだけ貢献したかなどを評価する査定システムのような仕組みは無いのですが、コンパクトな組織なだけに仕事の成果を認められ易く、年功以外の給与が増えることもあります。特別な成果を上げなかったとしても、きちんと仕事をしていれば、基本的に安定した給与を得ることができます。
業績が一時的に悪くてもしっかり賞与は還元されます。コロナ渦の中でも給与カットもなく、賞与もいただけたのでありがたいです。
残業代、出張費、休日手当てに関してはきちんと給与で還元されます。
また、家賃補助が5000円支給されるので一人暮らしの方はかなり助かると思います。全体として、社員の「働きやすさ」を真摯に考えてくださっていると感じます。

会社の将来性について
どのように感じていますか?

当社は人数が少ないですが、みんな優秀な方達で、少数精鋭です。 そんな優秀な同僚と、優秀な技術、優秀な経営陣がそろっています、 って褒めすぎですかね(笑)。 そして設計、製造、開発、検査すべてを社内で一貫して行える技術力と、 美和電気工業株式会社というバックボーンを味方につけたことで、向かうところ敵なしと感じています(大げさに聞こえますが本当です)。 当社で製作できないものは何もありませんっていう気持ちにさえなります。 それでも、まだまだ成長途中の会社です。 この技術力がどう生かされていくのか、将来をとても楽しみにしています。

ご自身の将来の目標(夢)が
あれば教えてください。

電気、機械、ソフトは勿論、営業の技術もITの技術も身に着け、 スペシャリストのゼネラリストになりたいですね。 やはり、なんだかんだ設計はすべて横でつながっていると感じることが多いですから。 それと、今後VRやARを装置に組み込んでいけたら 面白いのではないかと思っています。 あとは世界中の誰にも知られるような装置を作ってみたいですね。 せっかくなんでも作れる仕事環境にいるので。 VR×測定器なんて、ありそうでなさそうじゃないですか?

応募者へのメッセージ

設計に興味があって、向上心のある方は是非入社していただけたらと思います。測定器というとピンとこないかもしれませんが、当社が測定器メーカーなだけであって、その技術は電気が関わるもの全てに通用します。
また、当社の機械やソフトも、電気の特性を理解していないと設計することができないので、自然と電気の知識を身に着けることができます。
私は機械科だったので正直電気は苦手でしたが、優秀な先輩達に優しく教えて頂き、なんとかなりました。
少しでも当社に興味を持っていただけたなら、気軽に会社見学だけでもお越しください。ご応募お待ちしております。
デンソクテクノロゴ

デンソクテクノ株式会社

営業グループ飯塚 愛佳

デンソクテクノロゴ

デンソクテクノ株式会社

製造グループ齊藤 哲也